足のほてり

 

 

多く見られるのは40歳から50歳半ばの女性です


当初は、足がすごく冷たくなり、冬場も靴下を履いて寝ていないと寝れないくらいだったのですが

いつの間にやら、ほてりに変わり

真冬の夜に(室温5~10度)でも足を布団の外に出さないと寝れなくなります。
(男性の場合もありますが状態がちとちがいます 対象の人が少ないので割愛、知りたい人はメッセージください)

なぜそのようなことになるかと言うと

自律神経失調症になって、交感神経が優位に働きすぎるためです

交感神経が優位に働くと

お腹がめっちゃ硬くなります

そうなると胸の筋肉が引っ張られることで、リンパの流れが悪くなり

首の筋肉がめちゃめちゃ張ってきます


そう、胸鎖乳突筋が張ってきます

胸鎖乳突筋
胸鎖乳突筋

副甲状腺ホルモンが異常を起こしてきます

(橋本病やバセドウ病)

知覚神経がおかしくなり、特に温度を感じる神経系

顔のほてりにもなります

お腹の緊張から、内側広筋が引っ張られ収縮すると脚のむくみなり

血流不足で冷えがでてくるのですが

足のむくみが出て、甲状腺(首)あたりが張っている状態になると

特に40代以上の女性は女性ホルモンが狂いやすい時期(更年期)も重なってしまうと

足のほてりや顔のほてりに


なのでお腹の緊張を緩めて

胸筋を緩めることで首の引っ張りやリンパの流れを整えてあげ

足の内側広筋を緩めて調整することによって

症状が改善されるかたが多く見られます

ただし、もともと冷え性からきているので

足湯なら41度、半身浴は40度で温めるといいです

 

冷えていると筋肉が緊張してしまいなかなか症状が改善されません