歯の痛み

よく聞かれる事の一つに「肩こりから歯の痛みって出ますか?」というのがあります。

 

ここでは肩こりと歯痛の関係について紹介します。

  

まずは「肩がこるから歯が痛くなるのか?」それとも「歯が痛いから肩がこりだすのか?」という問題ですが、これはどちらも有り得ます。

 

歯が痛むことで、体が緊張し肩こりになります。

歯医者にて治療してくださ噛み合わせも大事です。

 

そして肩こりから、歯が痛む(ハブが腫れる)なぜそうなるのか!!

 

皆さん、自分の肩がこるって感じる人は、先ずは胸筋(鎖骨リンパ節)を押さえてみてください。

 

肩が凝っている人は押さえると痛みがあるはずです。

この状態がリンパの流れが悪くなっている状態です。

 

 

リンパは鎖骨~首(胸鎖乳突筋)にかけて流れがあります。

そしてアゴのリンパ節とつながっています。

 

 

胸筋と胸鎖乳突筋が張ってしまうと、当然リンパ、血流の流れが悪くなりアゴの筋肉(ハブ)が腫れてしまいます。

 

この状態になった時に歯の痛みとなります。

 

胸鎖乳突筋
胸鎖乳突筋

 

当院では、リンパの流れが出るように胸筋が緩むように施術で調整します。

決して無理やりリンパを流すような事はしません。

 

リンパマサージを受けたことがある人は、たいていリンパマッサージは物凄く痛いそりゃそうです。

 

リンパが詰まっているのに無理やり上部から流そうとするからものすごく痛いはずです。

 

先ずは胸筋と胸鎖乳突筋をゆるめることでハブの腫れが引いて歯の痛みが治まります。

 

私てきには結構得意な症状ですよ。

 

虫歯もの無いのに歯が痛むっていう人は施術を受けられると症状が軽減します。

 

 

ただし薬の副作用の場合もあるようです。

降圧剤のCa拮抗薬です。

歯茎がはれる、口の中が痛い、食事がしにくいは薬のせいかもしれません。

引用ホームページ 全日本民医連