施術の流れ

山本整体 問診票
問診票

①カルテの記入

 

  症状やからだの状態などの、質問を調査表にそって記入していただきます。

その後検査、治療へ進んでいきます。

 

来院されて受付ののち、カルテに症状などを記入していただきます。

その後、必要な方には施術着に着替えていただきます。

 

女性の方は、ガードルやストッキングなど締付る物は着用しないでください。

 


②問診 詳しく症状について伺っていきます。

 

現在のつらい部位の状況を伺い、

いつから? どう痛むか? しびれはないか?

 

身体の状況を細かく把握しカルテの内容と照らし合わせて施術方針を決めさせて頂きます。


ジェット足湯
ジェット足湯

③ジェット足湯+温熱マットウルモ

 

毎分90㍑パワフルなジェト噴流

足を温める事によって全身の緊張をゆるめます。

 

冷え症の方は特に必要です。冷えている状態で施術を受けても体がゆるみにくいからです。

 

温熱マットウルモ(遠赤外線マット)も併用して温めます。

 

足湯との相乗効果で20分で35℃台の体温が36℃台へ、全身ぽっかぽっかになり温熱治療効果が得られます。


ジェット足湯 拡大
ジェット足湯 毎分90㍑パワフルなジェット噴流


可動域検査
可動域検査

④検査

 

 姿勢チェック、動きや腹部の緊張リンパ節の検査していき、問題のある部位の特定をしていきます。

 

姿勢分析を行うために撮影してゆがみや姿勢をチェックします。


筋肉ほぐし調整
筋肉ほぐし調整

⑤ほぐし

 

自律神経の緊張でお腹(内臓)やリンパの流れや筋肉のバランスや自律神経の緊張を調整し改善していきます。

 

主に6ヶ所のリンパを中心に調整し気になる箇所(首・肩こり・腰の張りなど)をほぐしていきます。

  

あんまマッサージリラクゼーションが好きな方にも好評です。

 

 


腰椎矯正
腰椎矯正

⑥矯正

 

 筋肉やリンパの流れが調整できたら骨の歪みを手技で矯正していきます。

全身のバランスが整ってない時は背骨の矯正はしない事があります。

 

無理やり調整するのはあまりいい事ではないからです。

 

施術後説明
施術後説明

⑦施術後のアドバイス

 

施術効果が持続するように、正しい生活習慣やストレッチ等の運動法を指導します。

 

また、数回の施術が必要な場合は治療計画(次回ご予約)を体の状態をみながらお伝えします。

 

当院では、

お腹(内蔵)の調整と体の冷え取りこそがすべての症状解消のカギになるという考えのもと施術を行っています。

 

施術を通して色々と試し、私が辿りついた答えは、

血流と内臓の働きを上げなければ症状は改善しないということでした。

 

 今までのほとんどの整体院では、骨と筋肉などしかみていません。

 

経絡や神経などで間接的に内臓にアプローチする手技も使いつつ、「 直接的に内臓の働き 」をあげていきます。

 

お腹の緊張をゆるめ腹式呼吸を深くできるようにし、肝臓の腫れ、腸や胃の収縮を和らげます。

 

すい臓や腎臓などの臓器を直接ほぐし、ツボを使って調整し臓器の働きや血流をよくします。

手でダイレクトに臓器を感じて観察し調整する必要があります。

 

 

そして「 6大リンパを調整  することによって血液の流れを良くし自己治癒力をあげていきます。

 

 

体を温めることで低体温を改善し、血流を良くし36.5℃の体温を保つことで生命力や自己治癒力も高めていく必要があります。

 

 例えるなら、内臓は花や木にとって「 根っこ 」のような部分です。

そして、筋肉は枝や葉に置き換えます。

 

この花や木を上手に育てるためには手入れをしなければなりませんが、枝(  骨  )や葉(  筋肉  )ばかりに手入れしてしまい。

 

肝心の根っこ(  内蔵  )が傷んでしまっていては、花はせっかく養分をもらっても、根っこ(  内蔵  )で吸収することができず枯れてしまいます。

 

また、気温( 体温 )が低いのに、花や実がつくわけがありません。

 

近年のほとんどの整体師は、骨や筋肉ばかりに目がいって、いい結果が出ないと悩んでいます。

 

 

エステやリフレクソロジーなども、リンパの流れを良くしようと頑張っているようですが、大事なのは内臓を元気にする事と低体温の人は体温を上げることなのです。

 

内臓の働きと血流が良くならないと、リンパ液も浄化できません。

 

 内臓や血液が冷えていては絶対にダメ!!

 

 内臓を元気にしつつ、血液の流れを改善できるセラピストこそ、本当に必要とされるのではないでしょうか。

 

一つの例をあげます。

内臓が元気になると、腰の痛みも軽減します。

どういう仕組みなのかと言うと、 内臓が停滞しお腹が収縮します。

 

→お腹の反対側( )に影響( 張り )が出る。

 これを、当院の施術を施すことで、 お腹がゆるみ、腸の活動が活発になっていきます。

 

→お腹の反対側( )のハリもゆるんでいくというような効果が出てきます。

 

 つまり、お腹がゆるんでしまうと腰もゆるんでくるのです。

 

整形外科や整骨院、他の整体院では治らなかった腰痛持ちの方が沢山来られますが、そのほとんど( おそらく8割以上 )の人が実は内臓にその原因を抱えています。

 

 お腹を中心に施術をするだけで、カギがあいたドアのように、他の調整も難なくすることができ、腰痛とおさらばすることができてしまうのです。

 

繊細である内臓に対して施術をするのは危険じゃないかと思われる人も多いと思います。

 

確かに、“内蔵は繊細な器官であり、一歩間違えれば重大な事故になりうる”、という危険性も認識しておかねばなりません。

 

しかし怖がりすぎるのも考えものです。

 

よく訓練された手の感覚と本物の技術を手に入れることができれば、お腹の施術は意外と簡単で、その効果はかなりのものになります。

 

 

要は、きちんと知識を得て真面目に訓練し、適切な施術ができるかどうかの問題だけなのです。

 

二代続いた技術を新しい世代に伝えていき、もっともっと多くの人に、本当の健康体になっていただくことを目的に、施術を行っていきたいと思っています。